01
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
   

舞台 「丘の上でこう言った」

5/2~5/4に予定されていた「丘の上でこう言った」は、
諸般の事情により公演中止となりました。

事前告知で楽しみにされていたお客様には、
お気持ちを裏切ってしまう形となり大変申し訳ございません。

今後ともなにとぞよろしくお願いいたします。





舞台出演のお知らせです。


+++++

創作集団「必志組」
「丘の上でこう言った」


*会場

参宮橋 トランスミッション


*公演日時

5/2(金) 20:00
5/3(土) 12:00/16:00/20:00
5/4(日) 12:00/16:00
 会場は30分前です。


*Cast

セラ:冬岸るい
タク:雨宮ひとみ
ルミ:蒼木瞳
カイ:差異等たかひ子
リン:伊藤未緒
トト:小塚早希子
スズ:新南愛里
ラル:奥秋美和


*Staff

脚本・演出:西瓜すいか
演出助手:葛西真奈美

舞台監督:鳥山和子
音楽:森岡亮一
照明:ますだかな
写真:あやさくら
美術:新保瑛加
宣伝美術:荒木恵
制作:瀧澤由舞

企画・製作:創作集団「必志組」
協賛:Make Love Mind


*チケット

前払い券:2200円(取り扱い窓口:カンフェティor e+のライトプラン)
当日払い券:2500円
カップル割引:4000円(1名2000円×2名)
中高生割引:1500円(要生徒手帳提示)
当日券:2700円

 全席自由


+++++


御不明な点がありましたら、
fuyugishi_a910◆yahoo.co.jp
まで、お気軽にお問い合わせ下さい。
よろしくお願い致します。
スポンサーサイト

舞台あしあとまとめ そのさん

さてさて、役のことも振り返ります。

ミルク、ココアともにゆきちゃんをやりました。
さくらやまるはそれぞれを分けて役作りしてたとのことなのですが、
(さくら役蒼木瞳ちゃん、まる役関剛志くん談)
ゆきに関しては厳密に言うと分けて役作りはしていません。
「ゆき」という存在の可能性をふたつ示した、という感じです。
なので裏表だなと思っていて、
同じだけど違う、違うけど同じ、と考えていました。


まずミルクゆきちゃんについて。


雪の妖精のようなイメージでした。
この子は「ゆきがもし真っ白な雪のようだったら」という可能性。
最初はココアの比重が大きくて
演じるのにすごく大変だったのですが、
ただただ純粋に、無垢に、白く白くと思ったら
すごくすんなり出てくるようになりました。

ちょっぴり人見知りなだけの純真な子なので、
結構ほかの登場人物にもまっすぐ向かいます。
だまと出会うシーンでそれは顕著に出たかなと。

また、アイドル芝居のよう、との見方をされた方も
いらっしゃったかもしれませんが、
ミルクゆきちゃんに関してはそれで成功です。
笑顔に隠すタイプの子にしたかったので、
それってある意味アイドルさんだなと。
なので大成功。ふふん。


そしてココアゆきちゃん。


薔薇の花嫁のようなイメージでした。
(薔薇の花嫁というのは少女革命ウテナという作品に出てくる
 姫宮アンシーというキャラクターのこと。
 稽古初日から演出にそういわれ、
 ウテナ知っててよかったと思いました)
この子は「ゆきがもし真っ黒な冬空のようだったら」という可能性。
どんよりと暗く、刺すように冷たい。
ミルクゆきちゃんは台詞で雪が降ったらいいなという温度でしたが、
ココアゆきちゃんは台詞ですべて凍らせてやるという温度でした。
この子もまた演じるのがすごく大変で、
というのも、重たすぎずしかし軽くないという、
絶妙なバランスが求められたからです。
そういう意味で、ココアゆきちゃんはミルクゆきちゃんよりも
「少女」でした。

ココアゆきは誰かの前にいるとき基本的に警戒していましたが、
クライマックスであかりさんと対峙し受け入れてもらってからは
誰かに少し寄るようにして動いていました。
さくらまるを探しに行ったときはあかりさんに、
にゃんこに戻った後はまるやぐーに。
気付いた方いらっしゃったらうれしいです。

いろいろな裏設定も自然ミルクゆきより深く濃くなりました。
忍者設定とかいう稽古場で遊びでつけたのもありますがw
(持ってる鈴は里の秘宝だとかねw
 そういうアホ設定にもみんな付き合ってくれて
 すごくうれしかったです。)


そんなわけで、
語ろうと思えばいくらでも出てきそうです。
まぁ私の中にはきっと残り続けるのでこの辺で。
いろいろ考えたりちょっと悩んだこともありましたが、
苦労はあまりしませんでした。
倒れそうになるとこと鈴を落としちゃうとこくらい。
(倒れそうになるとこの稽古中にまる役の関くんに
 何度か頭突きかましてごめんなさい…
 あと稽古中にかけてた眼鏡が曲がったので
 落ち着いたら新調します…orz)
苦労したのはほんとテクニカルな部分だけでした。

共演者はじめとした関係各位は、
皆様ほんと素敵ないいひとばかりで、
冬岸史上一番楽しい現場だったなと思っています。
これをこえていくのは骨が折れそうですね。
でもこれ以上に楽しい現場に出会っても
大事なことには変わりません。
いろいろと楽しくて、いろいろと勉強になりました。
本当にありがとうございました。



舞台あしあとまとめ そのに

写真はまだまだ続きます。

舞台期間中の命の綱、差し入れさんです。
たくさん入っているものはみんなで分けました!


クッキー!!冬岸クッキーだいすき!
お菓子の中では一番にクッキーが好きな気がします!
紅茶の準備だ!!!(ダッ


ラスクさん!!
くるみメープル味とのことでしたが甘すぎず、
形もひとくちサイズだったので超食べやすかったです!!


チョコレート!!×2
休憩中にさっと食べられてありがたいです。
あとパンダちゃんが女性陣にめっちゃ人気でした!


パイ!!
ひづめ!午年だからか!!
さくさくで甘すぎずおいしかったです!!


栄養ドリンク!!
そう、舞台終盤になってくると、
さすがの冬岸も栄養ドリンクさんの力を借ります…
あと日常に長引いた疲れにもありがたい…!


そして更に栄養ドリンク!!
白桃とかチョコレートとか栄養価の高そうなものも!
「ちゃんと食べれてる?へーき?」と心配されました!


手作りジャム!!
うおおおすげえええこれが料理上手の力かあああ
と思わず叫んでしまいました。
今度パン食べるときにおともにします!


そして最終的に分配されたお菓子たち。
本番期間中に楽屋にやってきた差し入れさんたちは、
最終日に無事関係各位のもとへ旅立ちました。
(ココアあかり役の愛里さんがひとりひとりに分けといてくれて、
 なんかクリスマス会のお楽しみ袋みたいでした)
なので差し入れいただくと
自分だけじゃなく、みんなうれしいのです!
本当にありがとうございます!

そして。
冬岸はたまに稽古期間中の交通費のダメージが大きすぎて、
本番中ごはんが買えないことがあり、
いつも差し入れさんに助けられています。
今回は衣装メイク変えたりとめちゃくちゃばたばたしていて
時間がなかったがゆえにごはん買えなかったのですが、
ミルクとら役のたまちゃんが、
パンを!!!差し入れて!!!くれたのです!!!
(しかも全員食べれるよう大量に)
ほんと天使や…!!!!!
必死すぎて写真撮りそこねたのですが、
めちゃくちゃおいしかったです!!!!!
たまちゃんありがとう!!命の恩人!!!!

そんなわけでいつも救われております…!
本当にありがたいことです…!
みんな命の恩人!!
本当にありがとうございます!!!!!

舞台あしあとまとめ そのいち

ついったーでも書いたのですが、
ちょこちょこと振り返っていきます。
とりあえず写真たち。

舞台上ミルクver


舞台上ココアver


今回は二種類の味(=ふたつの異なる演出)、
ということで、舞台上も微妙に違いました。
こうやって見ると間違い探しみたいですね。
個人的にはカウンターの上の違いが面白かったです。
それぞれのあかりさんの色が出てるなぁと。

雪道(接写)


店と外を、そして舞台上と客席とを区切る役目をしてくれました。
めちゃくちゃかわいい。
雪模様だいすきな冬岸はめちゃくちゃ滾りました。

ココアゆきの腕の傷


今回ココアにゃんこたちはそれぞれに傷を持っていて、
それをスキンアートで表現していました。
ゆきちゃんの傷はリストカット。
ほんとは手首につける予定だったのですが、
衣装の関係でまったく見えなくなってしまうので、
急遽手の甲に変更。
気付いたよ、ってお客様もいらっしゃってうれしかったです。
ちなみにゆきちゃんだけ傷がふたつありました。
ぐーちゃんと同じデザインのものが顔にあり、
そちらは打撲、とのことです。
また、つけてるもふもふは、
打ち上げ時に写真のはすはす。さんからいただいたもの。

ココアゆきの衣装


セーラー服!24歳が着てよいものかと…
個人的にはセーラーだいすきなのでうれしかったです。
着れるうちに着とこう。(真顔)


今回はほんとに、作品に付随する部分
(写真はもちろん、舞台美術やらパンフやらチケットやら、
 衣装、スキンアート、音楽などなどなど…)に、
めちゃくちゃ力が入っていて、すごく楽しかったです。

あと、インタビュー動画を撮影したり、
コラボレーションイラストを描いていただいたり、
っていうのも新しい試みだなぁと。
いろいろな経験ができてほんとに勉強になりました。

舞台 「あしあと」

舞台出演のお知らせです。


+++++

Mix*Mix*Candyプロデュース公演 *レシピ*2
「あしあと」


*会場

PerformingGallary&Cafe 絵空箱
(東京都新宿区山吹町361)


*公演日時

1/17(金) 15:00☆/19:00★
1/18(土) 14:00★/19:00☆
1/19(日) 13:00☆/17:00★
☆ミルク組 ★ココア組
 会場は30分前です。


*Flavorミルク

☆Story☆

これは、ニンゲンになりたかった猫のおはなし。

写真家の夫を持つあかりは、小さな猫カフェを経営していた。
猫カフェには、4匹の猫たち.
まだらな錆トラのだま、
やんちゃなトラ猫の、とら、
白い子猫、ぐーすけ。
そして、白黒ぶちの雄猫、まる。
店に働きに来る写真家見習いの少女、さくら。

ニンゲンの少女に、雄の猫が恋をする。
少女の心で抱えきれない、悩みを、迷いを受け止めて
白黒の猫は、ヒトになる。
化け猫は雪の中を走る。ただひとりのために。

『寄り添うことしかできなくても。
 雪の日に少しの体温を、君に。』


☆Cast☆

あかり役:音崎結映(とい☆ふぁくとりー)
さくら役:蒼木瞳(エーエス企画)

だま役:松永直樹
まる役:関剛志
とら役:玉田拓也
ぐーすけ役:高崎真澄

ゆき役:冬岸るい



*flavorココア

★Story★

これは、猫になれなかったニンゲンのおはなし。

仕事に出かけ、なかなか帰らない夫を待つ妻。
叶わぬ夢を諦める時が近いことを感じている少女。

寒い冬、今すぐすべてを投げ出して、
愛する人のぬくもりを、ただ何も考えないまどろみを、
貪れればと思うのに。そう、まるで猫のように。

それでも自分には守るべきものがあると、
夢が矜持が未来があると、かたくなにその場を動かない。
すぐそばに、ただ見守るぬくもりがあるにもかかわらず。

やさしいぬくもりたちが、
もういいじゃないかと語りかける。

『わたしには聞こえない。
 この場所で踏ん張るの。いつか来るその日のために。
 たとえ季節が冬のまま、わたしの夢が終わっても。』


★Cast★

あかり役:新南愛里(創作集団『必志組』)
さくら役:蒼木瞳(エーエス企画)

だま役:雨宮ひとみ(3rd-RUSH)
まる役:関剛志
とら役:軍司賢
ぐーすけ役:高崎真澄

ゆき役:冬岸るい


*Collaboration Artist

音楽:森岡亮一
写真:はすはす。(Make Love Mind)
イラスト:デスマス子
映像:虹村凌
スキンアート:友-tasuku-


*Staff

作/演出:西瓜すいか

音響:臼井倶里(サウンドアリス)
照明:高橋文章(演劇生産計画クリスチアーノ奴隷市場)
舞台美術:宮川翔一郎

宣伝美術:荒木恵
制作協力:みけねこありす
協力:創作集団『必志組』/サウンドアリス/エーエス企画

企画/制作:Mix*Mix*Candy


*チケット

前売:2700円(1Drink込) 当日:30000円(1Drink込)
ペアチケット:4400円(2Drink込) ※前売り限定
 全席自由
※半券をお持ちの方はリピーター割引で500円引


*追記部分にあしあとインタビュー動画を載せました*

+++++


御不明な点がありましたら、
fuyugishi_a910◆yahoo.co.jp
まで、お気軽にお問い合わせ下さい。

よろしくお願い致します。

続きを読む

プロフィール

冬岸るいです。
ゆるりと過ごす日々を
徒然に綴ってゆきます。

*も少し詳しくはこちら


Twitter


近々の活動予定

■2016年12月4日
 コラボアートカフェあめだま
 「プレオープンイベント #5」
 於:板橋magari

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR